2014. 05. 23  
低位株と不動産投資で大成功していたにもかかわらず、果敢にもデイトレードにも挑戦。その際にはオリバー・ベレスとグレッグ・カプラの『デイトレード』を徹底的に読み込んだ。

 吉川氏が最後に「投資に役立つ本」として挙げたのは意外にも、村上春樹氏の『走ることについて語るときに僕の語ること』だった。

 「村上春樹さんは、知る人ぞ知るランナーです。私もマラソンを始めたので読んでみたのですが、この本には目標に向かってコツコツ進むことの大切さが書かれています。日々の努力を重ねること、諦めずにやり遂げること。節約や投資も同じです。村上春樹さんは投資をしないと聞きましたが、意外にも投資家にとって示唆に溢れた一冊でした」(吉川氏)

■投資に役立つ本

 ●相場のパニックと逆に動く術を学べる本
『デイトレード』(オリバー・ベレスほか/著、日経BP社、02年10月発売)

 ●マラソンと執筆と投資は同じと知った本
『走ることについて語るときに僕の語ること』(村上春樹/著、文藝春秋、07年10月発売)

 ●まず100万円つくる大切さを教えられた本
『新・メシの食える経済学』(邱 永漢/著、グラフ社、00年11月発売)

引用:プレジデント
スポンサーサイト
2014. 05. 21  
「書棚を見れば、その人物がどんな人であるかわかる」と言われる。投資の世界で成功を収めた人たちは、いったいどんな本を読んできたのだろうか。サラリーマンや元サラリーマンを中心に、5人の読書歴を紹介する。

■資産2億円! 富山の元保険調査員

 富山の投資家・吉川英一氏は長年サラリーマンとして保険会社に勤務する傍ら、低位株と不動産で財を成し、資産2億円超を実現した。

 「私がなぜ投資をここまで熱心にやるかというと、お金で苦労したからですよ。大学時代に父がやっていた会社が潰れ、家もなにも人に取られて。そのときにお金や税金のことを知らなきゃだめだ、お金がないと不幸になるんだということを知ったんです」(吉川氏)

 当初はアルバイトやパチンコでお金を稼いでいたが、やがて一冊の本に出合う。数々の会社を経営しながら経済評論家としても活躍し“金儲けの神様”と言われた邱永漢氏の本だった。

 「若者が読む本ではありませんが、お金のことを知らなければという一心で、邱永漢さんの本を片っ端から読み漁りました。邱永漢さんの本は難しい用語がなくて、素人でもスラスラ読めちゃう。ちょうど不動産バブルが盛り上がった、1985~90年の頃です」(吉川氏)

 日本中が投資や利殖に浮かれまくっていた頃ではあったが、邱永漢氏の説くところはいたずらに投資ばかりを煽り立てるものではなかった。

 「邱永漢さんは、毎月の給料から少しずつでも天引きで貯金して、まずは100万円をつくりなさいと言うんです。誰でもコツコツ続けていれば、それは必ず実現できる。100万円の束をつくって、投資をするならそこからですよと」(吉川氏)

 教え通りに100万円をつくった吉川氏は、満を持して証券会社を訪れる。が、節約生活ではゴールだった100万円も、株式投資ではスタートの金額。当時は1000株単元の銘柄がほとんどで、売買する銘柄は必然的に低位株になった。

 「低位株の投資法は、新聞の株価欄と会社四季報を頼りに、実践で覚えました。今のように懇切丁寧に解説したマニュアル本はなかったので、痛い思いをしながら(笑)」(吉川氏)

引用:プレジデント
2014. 05. 19  
絵に描いたような“無駄にセレブな”マンションだが、レオ様は現在、3月に800万ドル(約8億円)で購入したマンハッタンの南端地区にあるバッテリーパーク近くのマンションに、交際して約1年になる恋人でモデルのトーニ・ガルン(21)と同棲している。英紙「デーリー・メール」などによると、その前までは同マンションに隣接する400万ドル(約4億円)の物件に住んでいた。

 だが、不動産の“大人買い”はマンハッタンだけではない。

 2月にはカリフォルニア州にある砂漠リゾート、パームスプリングスに520万ドル(約5億2000万円)の大豪邸を購入している。この家、ロサンゼルス郊外マリブに所有していた海辺にそびえる大御殿を1735万ドル(約17億3500万円)で売却した後に買ったもの。ニューヨークの物件も残りの資金を使って購入したものらしい。今後、どう転売していくのかは見ものだが、そこはレオ様、映画の主人公のように破滅する心配はなさそうだ。


引用:東スポWeb文字色
2014. 05. 17  
 今年の米アカデミー賞候補になった「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で、自己破滅型の株成り金を演じたレオナルド・ディカプリオ(39)が、実生活で“ハリウッドの不動産王”を目指している?

 レオ様は先日、ニューヨーク市の中心、マンハッタンの一等地にある超高級マンションを購入。これで同市だけでも3軒の億ションを所有するなど、既に2300万ドル(約23億円)以上の不動産に投資している。

 その最新の投資対象となったのは、グリニッチビレッジにある1000万ドル(約10億円)のペントハウス付き物件。同マンションの売りは「セレブな健康志向」で、浄水やシャワーの水はすべてビタミンC入りミネラルウオーターを使用。施設内にはアロマテラピー効果ありと言われる空気を循環させているとか。

 さらに、室内にはリフレクソロジーと呼ばれる足裏治療のような効果のある床暖房を完備。ファッションデザイナー、ダナ・キャランがプロデュースするオーガニックショップ「アーバン・ゼン」による健康コンシェルジュのサービスも受けられるという。

引用:東スポWeb

2014. 05. 15  
株式会社ファーストロジック(東京都港区)は、不動産投資サイト『楽待』を運営しており、この度、同サイトの「投資用 市場動向データ 最新版2014年4月期分」の調査結果を発表した。

調査期間は2014年4月1日~4月30日。調査対象は、期間中『楽待』に新規掲載された物件、問合せのあった物件(対象エリア全国)。

【調査結果】
●新規掲載された一棟アパートの物件価格が前月比で下落
新規掲載物件の表面利回りは前月比で0.31ポイント上昇、問合せ物件の表面利回りも0.40ポイント上昇。新規掲載物件の物件価格は前月比で386万円下落、問合せ物件の物件価格も615万円下落した。

●新規掲載された一棟マンションの物件価格が前月比で大幅に下落
新規掲載物件の表面利回りは前月比で0.05ポイント上昇、問合せ物件の表面利回りも0.46ポイント上昇。新規掲載物件の物件価格は前月比で2,993万円下落し、問合せ物件の物件価格も2,470万円下落した。

●新規掲載された区分マンションの物件価格が過去最高に
新規掲載物件の表面利回りは前月比で0.04ポイント下落、問合せ物件の表面利回りも0.56ポイント下落。新規掲載物件の物件価格は前月比で121万円上昇、問合せ物件の物件価格も78万円上昇し、過去最高価格となった。

引用:ニュースSUUMO
プロフィール

momotaroubank

Author:momotaroubank
momotarou不動産の投資用不動産事業部です。
自己資金0円で、3年で3億円の資産を創るお手伝いをします。

momotarou不動産投資倶楽部

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR