2015. 04. 28  
 こんにちは、法人の西川です。

4月26日の日経新聞の朝刊に掲載されていました一面の記事に国債

、住宅ローン、企業融資に関する内容が書かれていました。内容につ

いては国際決済銀行(略してBIS)のなかのバーゼル銀行監督委員

会(世界各国における主要銀行の強化を目指す委員会)が将来、金利

が上昇すると、過去に購入した国債の価値が下がり、住宅ローン、企

業の融資が金利の低い時に貸してにが上がると実質損となる為、これ

に備える為に銀行の自己資本比率を8%以上になるように規制を強化

することを来年ぐらいに実施することを考えているとの内容です。

バーゼル委員会のバーゼルは事務局の場所がスイスのバーゼルにあ

ることからきているようです。日本、アメリカの主要銀行は国債を多

く保有しドイツ、英国などは国債の保有が少なく意見が分かれている

ようです。日本の国債が金利の上昇で価値が低下を事前に防ぐ為に、

大量に売却すれば国債の価値が下がる為、結果、日本に不利になり、

住宅ローン、企業融資も抑え気味になるかもしれません。まだ、決ま

った訳ではないので、杞憂に終わればいいですがメガバンクや海外に

営業店がある一部地銀は警戒しているようです。

スポンサーサイト
2015. 04. 24  
この度、投資倶楽部の担当をさせていただくこととなりました西川と

申します。主に弊社関連の用地の取得及び収益不動産の取得をさ

せていただいております。収益物件としては一般に住居系、事務所

系が扱われることが一般的に多いかと思われますが、他にもロード

サイド店舗の収益、工場の収益、老健施設の収益物件他多種多様

な収益物件が売買されています。また投資信託によるリート案件は

最近アベノミクスの景気上向きの状況を受け住居以外にビル、病院

工場、老健施設他様々な収益物件を組み合わせて、収益効果を上

げるようにはかっており、その為物件の売買も活発化しています。

物件の種別、規模の大きさにより多少の変化がありますが去年に

比較して売却されている物件の利回りが低くても、立地、構造、年数

メンテナンス管理があえば、活発に取引されているようです。

今後はこのブログにおいて魅力ある物件情報が入手できましたら、

お知らせさせて頂きます。今後共宜しくお願い致します。
プロフィール

momotaroubank

Author:momotaroubank
momotarou不動産の投資用不動産事業部です。
自己資金0円で、3年で3億円の資産を創るお手伝いをします。

momotarou不動産投資倶楽部

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR