2015. 09. 29  
こんにちは ニシカワです。

昨今、海外から外国人観光客が増えているようです。円安の影響も

あるようですが、ホテル、旅館では入りきれない状況のなか最近民泊

がブームのようです。調べてみたら、2008年にアメリカで旅行者と貸

し手(ホスト)を結びつけるウェブサービスが広めたサービスで日本で

も最近、ホストと旅行者を結ぶウェブサイトやホスト向けサービス代行

会社や通訳派遣会社、室内清掃会社などがでてきているみたいです。

料金はホストは自由に決めれるみたいです。賃貸住宅でなかなか借り

手がつかない部屋を利用できるので家主さんにとって朗報のようです

また、借り手のつきにくい部屋でも外国人旅行者は気にせず泊まるの

で収入の増加が見込まれる可能性が高いようです。私の知り合いの

不動産会社の社長も主要都市の徒歩圏のワンルームマンションをか

ためて購入をもとめています。外国人旅行者等の民泊を考えているの

だと思います。ただ、お金を受領するからには旅館業法の許可が必要

とされるため、許可とっていないホストが問題となっているようです。

今後、オリンピックまでどんどん形態が進化していくように思われます。




スポンサーサイト
NEXT Entry
マンションの地盤工事偽装
NEW Topics
七夕
4年に一度
助けになりたいと思う
明石海峡
先祖と家紋とお墓参り
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

momotaroubank

Author:momotaroubank
momotarou不動産の投資用不動産事業部です。
自己資金0円で、3年で3億円の資産を創るお手伝いをします。

momotarou不動産投資倶楽部

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR