FC2ブログ
2016. 01. 31  
コンニチワ ニシカワです。

去る、1月29日に日本銀行が金融政策決定会合において、マイナス金利

付量的・質的緩和を導入することを決定しました。金利はマイナス

0.1%のようですが、一般の人の預金の金利がマイナスになるわけ

ではありません。銀行が日本銀行に預ける当座預金の金利がマイ

ナスになるようです。銀行が日銀の当座預金の口座にお金を預け

ておくと、金利がつくどころか、諸経費が引かれていくのみなので

預けた預金が減っていく状況になることです。銀行がお金を眠ら

せることなく、企業等にお金を貸すことで景気の底上げを日銀が

狙っての政策のようです。中国経済の低下、原油安による景気

の悪化の不安の中、アメリカの金利の上昇で、株価が下がり、

円高にじわじわなっていることへの対策がこのマイナス金利政策

のようです。日本は今回が初めての導入ですが、ヨーロッパの

EUの国のなかではすでに導入されており、マイナス0.3%

になっている国もあるようです。今後の日本の不動産の先行き

ですが、既に不動産関連の株価は上がってきているようです。

銀行の貸し出し先が不動産購入の貸付に向いていくことはある

ようでうが、無理な貸付で不良債権の続出になることへの警戒

もあるようです。ですが、不動産に係る融資条件も軟化しそうな

気配ですし、低金利なのでこの先の消費税10%になる前に

住宅購入・不動産投資をするチャンスかもしれません。





スポンサーサイト
NEXT Entry
関西にバブルは来ているか?
NEW Topics
夏 おわる?
彩る感動
暑気払い
七夕
4年に一度
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

momotaroubank

Author:momotaroubank
momotarou不動産の投資用不動産事業部です。
自己資金0円で、3年で3億円の資産を創るお手伝いをします。

momotarou不動産投資倶楽部

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR