2017. 01. 30  
コンニチワ、ニシカワです。

つい先日に、成人式が日本全国で行われていましたが成人の年齢

が、20歳から18歳に将来変わるようです。去年の平成28年から選挙権

の年齢が20歳から18歳に変わりましたが法務省が国会に提出を検討

している成人年齢に関する民法改正案では成人年齢を20歳から18歳

に引き下げ、女性の婚姻できる年齢を16歳から18歳に引き上げるよう

70年ぶりに見直すようです。男女平等の観点からは妥当な考えかた

だと思われます。ただ、成人年齢を18歳に下げることは色々と問題

が噴出しているようです。まず、飲酒、喫煙ですが、高校生に在学中

に解禁になることは、健康面でも、モラル面でも心配されています。

また、法律では、少年法の適用も20歳未満から18歳未満に変更を

予定されているようです。不動産に関連すると未成年の法律行為

の年齢の引き下げで、代理権の内容も変わるでしょうし、住宅資金

贈与や相続時生前課税制度や住宅など高額なものを購入する

年齢も変わります。また債権に関しては、金銭に借り入れや携帯

電話の契約等、親の悩み、不安も出てきます。なにより、本人

の責任の年齢が下がるということは、それだけ自覚と責任を

厳しく持っておかないと何か事故などがあったとき困ることに

なります。この法案が成立すれば、周知期間を3年程度おいて

2021年には施行されるようです。


スポンサーサイト
NEXT Entry
リート
NEW Topics
台風一過 気分一新
大雨のあと
困った事だ。
とっておきの海
平和な世界
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

momotaroubank

Author:momotaroubank
momotarou不動産の投資用不動産事業部です。
自己資金0円で、3年で3億円の資産を創るお手伝いをします。

momotarou不動産投資倶楽部

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR