2017. 01. 28  
コンニチワ ニシカワです。

平成28年11月13日(日)に不動産コンサルティング技能試験を

受け午前中は択一で午後は筆記で何とか終えました。受験料が

3万円と高額で、失敗すると重たい気分が、来年の再度の受験まで

続くので何とか受かりたかった試験でした。また、合格発表が平成

29年の1月13日と発表まで期間が長く、試験のできが良ければ、

何も気にすることはないのですが、試験内容が筆記に比べ択一の問題

が結構難しく、果たして受かるかどうか不安な気分になってました。

そして、今年の1月13日ネットで合格者受験番号が発表され,

私の受験番号の168010162が見つけホット致しました。

合格のはがきが1月15日に届き、改めて合格が確認できました。

今後、2級FPから1級FP、AFPからCFPへワンランク上の資格を取る

為、受験するつもりです。年を取っての資格試験の勉強は骨が折れ

すが自分のライフワークとして他の資格も含め挑戦していこうと

思っています。




2017. 01. 24  
お世話になります  ありがとうございます
momotarou不動産投資倶楽部 森です

ここ数日は 大阪でも 雪がチラホラ
雪を積もらせて走っている車を見かけたりしました
昨年の同じ時期も 寒かったですが 
雪が積もる程ではなかったように思います
地球温暖化と言われますが
とある説では 地球は氷河期に向かっているのだとか・・・
老朽進行中のわたくしの体には 寒さが応えます

先日 とうとう アメリカに新大統領が誕生しましたね
どんな 影響が出て来るのやら
少々 期待し 良い影響が 回りまわって 
日本に『不動産バブル』が来ないかな と
妄想を膨らませています
この季節
物件のお世話も 正直 キツイ日も あります
いや しかし 何のその
きっと 近い将来 世界中が躍る 好景気が訪れ
それが 周りに回って
僕のところにも
『不動産バブル』が来る! か?
それを信じて 元気を頂き!!! 
今日も  お宝物件 トレジャーハンター!!!
行って来まぁぁーす

地球規模での 懐状態の温暖化 財布を暖かくして
経済の雪解け  待ってまぁぁーす
2017. 01. 19  
お世話になります  ありがとうございます
momotarou不動産投資倶楽部 森です

今年も 1月17日が来ました
あの時から 22年が経過しました
亡くなられた人々を悼み 
         改めて深い哀悼の意を捧げます

あのときは ほんとうに怖かった
今までに体験した事が無い 強烈な揺れ
閃光が走る 紫色の空
アスファルト舗装が波打ち 割れて行く
とんでもない振れ方の広告塔
名神の料金所の屋根が落下した時の音は
恐怖を増強させ
繋がらない電話機は 
不安を掻き立てる機械になっていました

今年も また 思い出してしまいました
あの時の体験を教訓とし 万事に備え 
復興に尽力された方々の様に 強くならなければ
強くならなければ

震災でお亡くなりになられました皆さまに重ねて哀悼の意を表します

DSCN8601.jpg
あの時 この塔が とんでもない 揺れ方をしていました
2017. 01. 08  
お世話になります  ありがとうございます
momotarou不動産投資倶楽部 森です

謹んで新年のお慶びを申し上げます
皆様におかれましては
つつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます
今年も おかげ様で新しい年を迎えることができました
ありがとうございます 

お正月は 少しは のんびりと出来ましたでしょうか?
過去の酉年は なにかと話題の出来事が起こっています
また 申酉騒ぐ などと 言う業界もあるようです が
できれば 良い事で 喜びを爆発させて 騒ぎたいですね

今年も いろんな事にチャレンジします
英会話・・・テキスト 買いました 勉強 始めました
ペン字・・・とある通信学習 申し込みました
福祉関係の資格取得・・・受験資格 調査中
筋トレ・・・とりあえず テキスト 買いました
ランニング・・・保留  暖かい季節から始めます
ビオトープ・・・家でメダカを飼えるように環境改善します
などなど 全てをやり切れるか わかりませんが
今年は 謙虚な気持ちを持ちながらも 
大人しい より 
少々 騒がしいくらいで 前進 したいと思います

新しい年が 活気に満ち溢れ 更に良い年になりますように
本年も どうぞ 宜しくお願い致します
2016. 12. 27  
コンニチワ ニシカワです。

前回の民法債権法の改正によって不動産

に関わる項目は、4の敷金返還原則と6の

瑕疵担保に修繕義務や損害賠償請求が加え

られるという項目です。但し、いまのところ審議

の段階の為、必ずしも実行されるとは限りません。

敷金の返還が原則ですが、今までは賃借人が

退去時に作った修繕箇所費用として差し引かれ

たりしましたが、原則は敷金は返還すること、また

敷金の返還の時期が今までは賃貸借契約期間

の終了時に物件に引渡を受けたときと明確科され

また、所有者が変更したときも全額返還義務が生じ

ることになるようです。また賃借人の家賃の未納を

賃貸人は賃借人の承諾なく敷金から充当できるよう

になるようです。瑕疵担保責任ですがまず瑕疵担保

責任という言葉がなくなり契約不適合責任とか債務

不履行責任に変わるようです。よって、今まで物件

の欠格だけでなく、契約自体に適合性があるかどう

かを問われ、種類、品質。数量に関しての内容が

適合しないかどうかが問われそうです。今後売買

契約時、業者でなく個人が契約書の特約に瑕疵担保

責任を売主は負わないという文言が使えなくなる可能性

がでてきそうです。いずれにしてもまだ決まったわけ

ではない事案ですが、将来、不動産の売買に関わる際

は注意を要することになりそうです。

来年も宜しくお願い致します。
プロフィール

Author:momotaroubank
momotarou不動産の投資用不動産事業部です。
自己資金0円で、3年で3億円の資産を創るお手伝いをします。

momotarou不動産投資倶楽部

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR